DIACERT-PLUSサービス
(電子入札用電子証明書)

よくある質問 - セットアップ手順 ICカード/ICカードリーダーの動作確認 -

下記の手順に沿って、動作確認をお願いします。
ご利用の環境により画面が一部異なる場合がありますが、適宜読み替えをお願いします。

1. 使用中のIC カードリーダーの機種を確認します。

当社指定のIC カードリーダー(Gemalto 社のPC USB-TR(IDBridge CT30)))を使用されているかどうかをご確認ください。電子証明書(ICカード)のご利用には当社指定のICカードリーダーが必要になります。
※ 旧機種のPC-USB Twinをお使いの場合は、PC USB-TR(IDBridge CT30)のご用意をお願いします。

2. ICカードリーダーの接続確認を行います。

ICカードリーダーのみをパソコンに取り付けたときはICカードリーダーのLEDランプが緑色に点滅し、ICカードを挿入したときにICカードリーダーのLEDの点滅がとまって常に点灯した状態となります。 点滅、点灯の後にLEDが消灯する場合がありますが、省電力モードになっているためですので動作上は問題ありません。

下記の手順にてICカードリーダーの動作をご確認ください。

(1) ICカードリーダーをパソコンから取り外します。
(2) ICカードリーダーのみをパソコンのUSBポートに取り付けます。
(3) ICカードリーダーのLEDが点滅していることを確認します。
(4) ICカードを挿入します。
「デバイスドライバーソフトウェアは正しくインストールされませんでした。」と表示された場合でも動作上問題ありませんので次の手順に進んでください。
(5) ICカードのLEDの点滅がとまって、常に点灯した状態になることを確認します。
5秒ほど経過するとLEDが点滅した状態に戻ります。ICカードへのアクセスがない状態でさらに5秒ほど経過するとLEDが消灯する場合があります。

上記(1)~(5)が正常に動作しなかった場合
下記をお試しいただいたうえで、再度手順(1)~(5)にてLEDの状態をご確認ください。
  • ICカードリーダーをパソコンのUSBポートに直接接続します。
    ※USBハブを経由して接続している場合、給電量が不足して正常に動作しない場合があります。
  • パソコンをシャットダウンします。
    ※再起動では症状が改善しない場合があります。パソコンをシャットダウンし、改めて電源を入れ直してください。
  • 別のUSBポートに接続します。
  • 旧機種のPC-USB Twinをお使いの場合は、ICカードケースとケーブル接続部分の灰色のパーツを取り外して接続をやり直します
    ※PC USB-TR(IDBridge CT30)の場合は一体型で取り外しができない製品のため、本作業は必要ございません。

3. Smart Cardサービスが開始していることを確認します。

下記の手順に沿ってSmart Cardサービスが開始していることをご確認ください。
Smart Cardサービスの開始

4.「ICカード証明書取得ツール」を実行します。

Windows 10 の場合
Windowsのスタートボタン →「DIACERT電子証明書設定ソフト」(又は「電子入札コアシステム専用ライブラリ」) →「ICカード証明書取得ツール」の順にクリックし、「ICカード証明書取得ツール」を実行してください。

Windows 8.1 の場合
Windowsのスタートボタン → 画面左下の下矢印のアイコン →「DIACERT電子証明書設定ソフト」(又は「電子入札コアシステム専用ライブラリ」) →「ICカード証明書取得ツール」の順にクリックし、「ICカード証明書取得ツール」を実行してください。

5.「ICカード証明書取得ツール」の実行結果を確認します。

「正常完了しました。」と表示された場合はICカードリーダは正常に動作しております。

※ デスクトップ上に作成された「Cert1.cer」ならびに「Cert2.cer」のファイルは動作確認のための一時ファイルです。削除して問題ありません。

「ICカードへのアクセスができませんでした。」と表示された場合
下記の手順に沿ってICカードリーダライタの設定を行ってください。
ICカードリーダライタの設定

入力されているPINコード(PIN番号)が正しいかどうかを確認する場合は、下記の手順に沿ってご確認ください。
ICカードのロック状況の確認

本ページのマイクロソフト製品のスクリーンショットは「マイクロソフトの著作物の使用について」(Microsoft.comに移動)に従い、マイクロソフトの許諾を得て使用しています。