統合ID管理ソリューション iDcenter

セキュリティーの要はID管理にある。

近年、企業では従業員の個人識別情報(ID情報)を使用した情報システムや、ICカード情報を使用した入退室管理システムなどの複数のシステムが導入されています。しかしながら、各システムで使われているID情報の変更管理はシステムごとに個別で行われており、管理負荷や設定ミスによるセキュリティーリスク増大への対応が課題になっています。統合ID管理ソリューションiDcenter(アイデイセンター)は人事異動に伴うアクセス権限変更などのID管理業務が効率化でき、セキュリティーと内部統制の強化が図れます。

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

01

セキュリティーポリシーの適用

本社と生産現場など、企業内の各拠点で管理されている各システムに対して、iDcenterで一元管理されたID情報などを配信します。これにより。統一ポリシーに基づくID情報や権限の適用ができ、社内セキュリティーガバナンスの向上が図れます。

02

管理・運用コスト削減を推進

システムごとに管理されているID管理をiDcenterで一元管理することにより、管理・運用コストを軽減することができます。これにより、削減された時間やコストをより事業収益に直結した業務や機材・システム導入に割当することができます。

03

利用者の利便性向上

人事システムとiDcenterとを連動させることにより、人事異動に伴う権限の変更情報を自動で配信することができます。これにより、異動発令日に遅延することがなくシステムの利用者は新しい権限で、社内システムを利用できます。

サービス・製品の特長

IDの一元管理により業務効率化

人事システムとの連携で個人識別情報(ID情報)を取り込み、入退室管理システム、情報システムといった社内の様々なシステムで利用されているID情報を一元管理します。また、深い組織階層や人事異動などに対応しており、日本企業に最適な統合ID管理を実現します。社内の拠点毎の人事情報、ICカード情報、通行権限などのID管理情報の一元管理や、本社や地方拠点などの広域に跨るID情報の集中管理を行うことができます。

各種情報システムとの連携が可能

セキュリティーシステム動作上の核となる入退室管理システムと各種情報システムを連携させることができます。三菱統合ビルセキュリティーシステム(MELSAFETY)の通行履歴を取り込み、就業管理システム、PCログイン管理などの情報システムと連携できます。また来訪者管理、在場管理機能を付加することもできます。さらに、各種情報システムのID情報や権限情報をiDcenterから連携することで、運用管理業務を効率化します。

各種情報の世代管理が可能

現在の個人情報、組織情報だけでなく、過去・未来の情報まで世代管理を行います。過去の入退室ログに対し、その時点の個人情報、組織情報を表示したり、検索したりすることができます。さらに膨大なログの分析と証跡管理には、当社プロダクツの「データ分析フレームワーク AnalyticMart」との連携により、効率的に分析できます。 

Suicaの活用が可能

iDcenterではSuica(東日本旅客鉄道株式会社が発行するプリペイド型ICカード)の利用許諾(※)を取得しています。これにより社内のSuica対応システムにSuicaID番号情報を配信できます。通勤・通学、電子マネーだけでなく、社内システムでもSuicaを活用することができます。 

充実の保守・サポート

自社開発製品であるため、保守・サポートサービスを迅速・柔軟に対応いたします。

※「iDcenter Type S」にて、JR東日本Suica利用許諾承認第77号を取得しています。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※当該承認は、東日本旅客鉄道株式会社が本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。
※東日本旅客鉄道株式会社の都合により、予告なくSuicaが交換されることがあります。

関連サービス・製品