ここから本文

セキュリティー

不正アクセス監視サービス

企業ネットワークへの不正アクセスを24時間365日監視する運用サービスです。万一の検知においてはお客様への連絡等迅速に対応します。

近年、ファイアウォールだけでは防御できない不正アクセスが増えてきており、特にインターネット接続システムでは24時間365日の監視が欠かせません。不正アクセス監視サービスは、お客様に代わって専門技術者が監視し、脅威発生を検知することで、迅速な対処が可能となります。

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

  • 脅威発生時の
    迅速な対処が可能

    不正アクセスはいつ発生するか分かりません。本サービスでは、MINDの統合運用管制センターにて24時間365日監視を実施しておりますので、お客様システムへの脅威検知の際、迅速に対処が可能です。

  • 検知内容の
    フィルタリングによる
    不要連絡の抑制

    お客様ご自身で不正侵入検知装置(IDS:Intrusion Detection System)を導入することは可能ですが、環境に合わせたチューニングを施したとしても、検知アラームが膨大になることがあります。本サービスでは検知したアラームに対して、セキュリティーアナリストがお客様システムへの影響有無を分析し、対処または確認が必要なものについてのみ、お客様へご連絡いたします。明らかに対処不要なIDSのアラームの連絡によるお客様への負担が増えることを抑えることができます。

  • 定期レポートによる
    セキュリティー状況の
    見える化

    本サービスにてご提供する定期レポートには、お客様システムへの不正通信の分析結果、傾向の報告と、必要があれば対処等のアドバイスをご提示します。これによりお客様システムにおけるセキュリティー状況の見える化が可能となり、セキュリティーレベルの維持向上に役立てることができます。

サービス・製品の特長

  • point01

    運用負荷軽減

    自社要員のみで24時間体制で不正アクセス監視を実現するのは容易なことではありません。本サービスは、お客様に替わり24時間365日監視を実施し不正アクセス検知の際には、緊急度に応じてお客様システム管理者へ迅速に通知します。

  • point02

    長年の実績による高品質なサービス

    高度なセキュリティーが要求される金融機関や、官公庁で利用されている実績を活かし、堅牢、高度なセキュリティーサービスをご提供します。

  • point03

    日常運用とセキュリティー状態の見える化

    本サービスでは1ヶ月間のログ集計に基づく、月次レポートをご提出しますので、お客様システムのセキュリティー状況を毎月把握することが可能です。
    またサービスにて使用している不正侵入検知装置(IDS)は、検知パターンを定期的に最新バージョンに更新しておりますので新しい脆弱性にも対応が可能です。

このサービス・製品に関するお問い合わせ・資料請求