ここから本文

セキュリティー

電子認証局・運用管理サービス

特定認証業務の認定で培った技術で電子認証局の構築から運用までサポート

電子認証局の構築・運用は、高いセキュリティーとセキュリティー運用への監査等が必要となるため、通常のシステムの運用管理と比べて高コストになりがちです。MINDの電子認証局・運用管理サービスは、お客様の電子認証システムの運用管理負荷とコストを抑えるための様々なメニューを用意しています。サービス提供形態として、ハウジング(お客様保有の電子認証局システムをお預かりして運用管理する形態)、ホスティング(三菱電機グループ製の電子認証局システムを利用)どちらのタイプもご利用可能です。

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

  • 認証局構築から運用まで
    サポート

    お客様のニーズに応じて、電子認証局の構築から、認証局運用管理規程(CPS)の策定支援、電子証明書の発行・失効業務、電子認証局システムの稼動監視等の運用管理までMINDで代行可能であり、お客様の電子認証局運用管理負荷を削減することが可能です。

  • セキュアな設備環境を保有

    電子認証局はMINDインターネットデータセンター内で運用します。地震・火災・侵入者に対する物理セキュリティー、電力供給・ネットワークの冗長性、24時間監視などにより、高セキュリティーと高可用性を保証します。

  • 特定認証業務の
    認定取得をご支援

    府省・自治体等の公的認証業務を行なうには特定認証業務の認定取得が必要です。この公的認定取得のため、手間が掛かるドキュメント作成等一連の必要業務に関するコンサルティング/作成代行サービスをご提供いたします。

サービス・製品の特長

  • point01

    認定認証事業者として培った技術

    特定認証業務が主務大臣の認定を受けるためには電子署名法の多岐にわたる要件への適合性に関する調査を受ける必要があります。MINDではDIACERTサービス、DIACERT-PLUSサービスにおいて「電子署名及び認証業務に関する法律」(電子署名法)に基づく認定を取得し、認定認証事業者として電子認証サービス事業を推進しています。特定認証業務の認定取得で培ったノウハウを活かしてサービスをご提供いたします。

  • point02

    幅広い用途で利用できるシステム

    電子認証局をホスティングする際は三菱電機グループ製の電子認証局システムを用いて電子認証局を構築し、運用管理を行います。当システムでは認定認証業務に対応できるセキュリティー運用機能、IoT機器利用に適した証明書発行・失効API機能を備えており、大規模の公的認証基盤やIoT運用基盤、中規模の企業内プライベートPKI利用システムまで様々な用途に応じた利用が可能です。
    IoT:Internet of Things
    API:Application Programming Interface
    PKI:Public Key Infrastructure

  • point03

    高度な物理セキュリティー環境

    ハウジング、ホスティングにあたり、お客様は特定認証業務の認定基準を満たした高度な物理セキュリティー環境を利用することが可能です。お客様は強固なセキュリティーに守られた環境で電子認証局システムや機密度の高いデータベースサーバーなどを設置でき、独自のビジネスを構築・展開することが可能となります。

このサービス・製品に関するお問い合わせ・資料請求

関連サービス・製品