拠点間内線電話サービス(MIND網)

拠点間内線通話により、業務効率化を実現!

本社、支社、工場など拠点間で内線通話ができ、電話取り次ぎが不要となるため、業務効率化が実現できます。
公衆電話網とは異なり専用の電話網のため、BCP対策にも有効です。(一部構成除く)

BCP: Business Continuity Plan(事業継続計画)

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

01

業務の効率化

拠点間の内線発着信が可能となることで利便性が向上し、他拠点やグループ会社からの電話取り次ぎ業務を軽減します。

02

ワンストップ提供による業務負担軽減

拠点間内線電話網の設計・構築から、構築後の運用・監視保守に至るまで、全てをワンストップでご提供することで、ご担当者様の負担を軽減します。

03

資産管理業務の軽減

回線や通信機器を、月額サービス料(レンタル)としてのご提供も可能です。これにより、煩わしい資産管理業務などの手間を省くことができます。

サービス・製品の特長

検討支援

お客様の抱えている課題、ニーズ、通信費を分析し、課題解決やニーズに合った最適なシステムをご提案します。またお客様の方針を踏まえ、要求仕様書、要件定義書の作成などを支援します。

システム設計・構築

システムの設計・構築にあたり、PBXベンダーやキャリアとの調整も行い、円滑な導入を実現します。ご利用中の拠点間内線網をリプレースする場合は、エンドユーザー様への影響が最小限になるよう、現在のご利用方法を考慮した設計や移行を行います。

運用・保守サポート

拠点新設・撤去などの取りまとめや拠点番号の管理など、導入後の運用を全面的にサポートします。また24時間365日体制での死活監視を行うことで、障害の早期発見と対応時間の短縮を実現します。障害発生時にはベンダー・キャリアの保守作業員を手配するとともに、お客様ご担当者様への連絡を行います。

関連サービス・製品

その他の情報