ここから本文

プラットフォーム

データ品質プラットフォーム Informatica Data Quality

ビジネスで活用可能な信頼できるデータを提供するデータ品質基盤

企業内には顧客データ、製品データ、財務データなど様々なデータが存在しますが、これらや外部データを連携して有効に活用するためには、データの品質が確保されていることが必要です。
Data Qualityは企業内のあらゆるデータの品質向上を目的としたソフトウェアです。業務担当者や開発者が使いやすいGUIベースの各種ツールを提供し、データの分析や標準化、クレンジング、マッチングなどを実施できます。また、PowerCenterと連携することで、データ品質を向上させながら、企業内外のデータとの統合を行うことも可能です。

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

  • データ活用の
    効果拡大
    プロファイリングにより問題あるデータを検出し、問題あるデータに対してクレンジング、マッチング等を施し、その効果をモニタする一連の処理を継続することで、常に高品質なデータを用意でき、データに基づく分析や経営判断を効果的に実現できます。
  • データ活用の
    範囲拡大
    全社に散在するデータを活用できるレベルまで品質向上することで、様々な用途に利活用できるようになります。 また、PowerCenterと連携することで散在したデータの収集やデータ利用場所への配信を容易にします。
  • データ活用
    スピードアップ
    操作しやすいGUI環境でのデータのプロファイリングを行うことが出来ます。また、クレンジング、マッチングの処理実装もGUI環境で出来、処理関数もあらかじめ用意されています。これによりデータ品質向上、利活用を速やかに実現できます。

サービス・製品の特長

  • point01

    各フェーズで利用できる機能搭載

    データ品質の問題の検出、是正、監視を継続的に行うための一通りの機能を提供します。
    問題検出のためのプロファイリングは、想定外の値の検出、データ型推測など基本的な機能からテーブルの親子関係の推測など高度な機能まで揃っています。
    クレンジング、マッチングなどデータ品質の是正処理は組み込み関数の利用により効率的に実装できます。 各機能もGUI環境が提供されており、容易に利用できます。

  • point02

    高度な知識に基づく技術サポート

    MINDでは2008年から、Informatica Data Qualityの製品評価、技術支援などにより、製品やその使い方に関しての高度な知識が蓄積されています。
    これらの知識をベースにして、製品導入初期段階から、コンサルティング、構築支援、サポート、教育など各種サービスをご提供できます。

  • point03

    データ活用を進めるための関連製品

    PowerCenter:各業界の多くのお客様に利用いただいているデータ統合プラットフォーム。当社では2000年から販売、サポート、構築支援を行っています。
    Informatica Data Integration Hub:ハブ&スポーク型のデータ統合パターンを実現。パブリッシュ/サブスクライブ方式で複数の統合フローによる正確なデータの再利用を可能にしました。運用負荷低減とガバナンス強化を実現できます。
    Informatica MDM:業務に不可欠なマスターデータを信頼性の高い完全な単一ビューで表示できます。

このサービス・製品に関するお問い合わせ・資料請求