ニュース
三菱電機インフォメーションネットワーク、株式会社ラックと協業し、エンドポイントのセキュリティー対策サービス「マネージドEDRサービス」の提供を開始

三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田 雅章、以下MIND)は、株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下ラック)と協業し、ネットワークセキュリティーサービスのラインナップとしてエンドポイント*1のセキュリティー対策サービス「マネージドEDR*2サービス」の提供を開始します。

サービス化の背景

近年、クラウドサービスの普及や、在宅勤務のような多様な働き方の増加により、企業ネットワークの境界を保護するセキュリティー対策から、エンドポイントを直接保護するセキュリティー対策に注目が集まっています。また、サイバー攻撃は年々高度化・巧妙化し、ファイアウォールやIDS(不正侵入検知装置)といった入口対策や、既知の攻撃パターンを検知するアンチウイルス製品ではすべての攻撃を防ぐのは難しくなっており、新たな対策が求められております。

マネージドEDRサービスの特長

本サービスではこのような課題に対して、高い脅威検知とブロックが可能なCrowdStrike(クラウドストライク)社のEDRを採用し、お客様環境の監視を行います。
セキュリティーアナリストがエンドポイントの不審な挙動をリアルタイムで監視し、アラート発生時には端末を速やかにネットワークから隔離することで、影響を最小限に留めるとともに、感染の拡大有無や今後の対応・対策について調査、ご報告までを一気通貫でご提供します。
また、検知後の調査分析はEDRの監視運用に豊富な実績と知見を有するラックと協業することで、より高度な攻撃への対応を実現いたします。

*1 エンドポイント:
企業ネットワーク末端に位置するサーバやPCなどの端末。
*2 EDR(Endpoint Detection and Response):
エンドポイントの不正な振る舞いを監視し、組織内に潜む攻撃、セキュリティー侵害を検知し、効率的な原因・影響調査を可能にする製品。

株式会社ラックとの協業の狙い

今回の協業では、MINDの製造・流通業から金融・サービス業など幅広いお客様に様々なセキュリティー監視サービスをワンストップで提供している実績と、ラックのセキュリティーエキスパートが持つ高度なセキュリティー調査技術と知見を組み合わせることで、お客様の環境に則した最適なサービスの提供、高度な攻撃への対応を実現いたします。
本サービスの提供などを通じて、今後もお客様のセキュアなIT環境の実現に貢献してまいります。

株式会社ラックについて

URL:https://www.lac.co.jp/
ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」など、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティー事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティー分野のリーディングカンパニーとして、企業・官公庁・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティー技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

商標関連

※ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
※CrowdStrikeは、CrowdStrike, Inc.の国内およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

お客様からのお問い合わせ先

三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社 戦略営業推進部 営業企画課
〒108-0023 東京都港区芝浦4-6-8
TEL 03-6771-4806

「マネージドEDRサービス」詳細ページ
URL:https://www.mind.co.jp/service/security/managed/edr.html