このページの本文へ

ここから本文

クラウドで電子契約、電子取引、電子検認をオンラインで完結できる

電子取引サービス @Sign

テレワークの浸透によって、押印作業のための出社を制限するため「電子契約」が可能なサービスの導入が進んでいる。考慮すべき点は、証拠力だ。契約書を電子化することで「誰が」「いつ」作成した文書なのか、さらに作成以降改ざんされていないことを証明することがとても重要なんだ。また、JIIMA認証も取得しているらしいぞ。

Chapter 1

社外との電子契約を
かんたん導入

Chapter 2

電子帳簿保存法等法令順守。
MINDのサービス基盤を利用

電子取引サービス @Sign

電子取引サービス @Signは、電子契約、電子取引、電子検認をオンラインで完結できるクラウドサービスです。電子文書に電子署名・認定タイムスタンプを付与することで、「誰が」「いつ」作成した文書であるかということと、作成以降改ざんされていないことを証明することができます。また、電子帳簿保存法に対応し、見読性・検索性・保存に優れたサービスです。さらに、紙文書で手続きしていた際と同様のイメージで利用できるよう電子印影を付与する機能も兼ね備えています。

MIND公式チャンネル

Youtubeにも役⽴ち情報満載っす

芝浦くんも勉強したほうがいいんじゃないか

ページトップへ戻る