ここから本文

セキュリティー

標的型攻撃対策サービス

従来型の対策では検知・防御が困難な標的型サイバー攻撃に対応

現在の企業活動においてインターネットの利用は不可欠となってます。その一方で、セキュリティー上のリスクであるサイバー攻撃は、狡猾かつ巧妙化しております。その様な状況において、「何から着手したらいいのかわからない。」「内部侵入された場合も含めて検知できるようにしたい。」「24時間対応支援をしてくれるパートナーが欲しい。」と言ったお客様のご要望にお応えした「標的型攻撃対策サービス」をご提供します。

サービス・製品イメージ

*1 CSIRT: Computer Security Incident Response Team
セキュリティーインシデント発生時、原因分析や影響範囲を調査する専門組織

*2 SOC: Security Operation Center
リモート環境からお客様のセキュリティー機器を24時間365日監視し、サイバー攻撃の検知とその対応策をアドバイスする専門組織

ビジネスへのメリット

  • インターネット利用時の
    セキュリティー向上

    本サービスを利用することで、新たなサイバー攻撃手法である標的型攻撃への対応が可能となり、お客様インターネット環境のセキュリティーが大きく向上します。

  • 運用業務負荷の軽減

    標的型攻撃への対応は高度な技術と知識が必要となり、自社で対応するには要員の確保やその費用等、大きな負担が発生します。本サービスでは、専門のスキルを持ったアナリストが24時間体制で対応しますので、お客様の監視・運用業務負荷が大きく軽減されます。

  • 攻撃発生時の対処も支援

    標的型攻撃の被害にあった場合、その対処に苦慮する場合が多くあります。本サービスを利用することで、被害(インシデント)発生時には専門要員がお客様の対応を支援します。

サービス・製品の特長

  • point01

    高度な標的型攻撃に対応

    高度なセキュリティー管理手法であるSIEM(Security Information and Event Management)を利用したセキュリティーログ分析により、検出・防御が困難な標的型攻撃にも対応します。

    三菱電機情報技術総合研究所の研究成果を活用し、SIEMに独自のログ分析ルールを設定することでサービスレベルを向上。標的型攻撃のさまざまな活動に対して、入口から出口に至るまでを幅広くカバーします。

    ※ SIEM:Security Information and Event Management
    セキュリティー情報および各種機器のログを包括的に管理・分析するシステム

  • point02

    15年以上のセキュリティー運用実績に
    基づくサービス

    大手金融企業を筆頭とした15年以上にわたるセキュリティー運用サービスの提供実績を基に経験豊富な専門要員が24時間・365日体制でお客様の対応を支援する高品質なサービスです。

  • point03

    新規設備購入の必要無く
    サービス導入が可能

    既存機器のログを活用するため、お客様ご自身で新規機器を導入することなくサービス導入が可能となります。

このサービス・製品に関するお問い合わせ・資料請求

標準サポート機種

  • Proxy:Blue Coat、Squid
  • IDS/IPS*:Cisco、IBM
  • ファイアウォール:Cisco、Juniper、Palo Alto

*IDS:不正侵入検知システム(Intrusion Detection System)
*IPS:不正侵入防御システム(Intrusion Prevention System)