ここから本文

プラットフォーム

データ統合プラットフォーム PowerCenter

Small dataからBig dataまで、エンタープライズデータを思うままに。

クラウドコンピューティングが当たり前の時代を迎え、企業が活用するシステムの連携先は社内、社外を問わず多岐に渡ります。そのようなシステム間データ連携を効率的に行い、迅速に大量データを業務に活用する基盤が求められています。Informatica PowerCenter(インフォマティカ パワーセンター)は生産性、拡張性、高可用性を併せ持つデータ統合プラットフォームです。MINDは、PowerCenterの日本語化開発やお客様のデータ統合プロジェクトに数多く携わってきた豊富な経験を基に、PowerCenterの特長を最大限に活かすためのノウハウを凝縮したサービスをご提供します。
また、データ活用を更に進めるための関連製品(Informatica ソリューション)の導入もサポートします。

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

  • 高生産性
    • GUIベースの操作しやすい開発環境
    • MIND独自のPowerCenter開発支援ツール
    • 異種システム間の複雑なデータ連携を短期間で開発
    • 仕様変更や追加開発にも迅速に対応
    • データプロファイリングにより不正データによる開発の手戻りを削減
    • 複数システムにまたがるデータの流れを可視化
  • 拡張性
    • 大量データの高速処理を可能にする優れたテクノロジー
    • データ量の増大にも柔軟に対応できるアーキテクチャー
    • システム全体のリソースを活用した負荷分散
  • 高可用性
    • 障害検知と復旧の自動化でダウンタイムを最小化
    • データ処理中にダウンしても代替サーバーが処理を継続
    • ソースシステム、ターゲットシステムに障害が発生しても処理を継続

サービス・製品の特長

  • point01

    豊富なデータ統合の実績

    1999年にMINDが国内で最初にPowerCenterを発売して以来、数多くの企業で活用いただいています。PowerCenterの日本語化開発やお客様のデータ統合プロジェクトに携わってきた豊富な経験を基に、PowerCenterの特長を最大限に活かすためのノウハウを凝縮したサービスを揃え、導入から運用保守までお客様のデータ統合プロジェクトをサポートしていきます。

  • point02

    高度な製品知識

    MINDは、多くのお客様のデータ統合プロジェクトをサポートした経験から、PowerCenterの生産性をさらに高める独自の支援ツールを開発しました。システム開発担当者の負荷軽減や工期短縮、品質向上を実現し、お客様のプロジェクトを成功へと導きます。

  • point03

    データ活用を進めるための関連製品

    Informatica Data Quality:
    データ品質の問題を発見・解消し、データから最大限の価値を獲得し、ビジネスに活用できます。 Informatica Data Integration Hub:
    ハブ &スポーク型のデータ統合パターンを実現。パブリッシュ/サブスクライブ方式で複数の統合フローによる正確なデータの再利用を可能にしました。データを集中管理でき、運用負荷低減とガバナンス強化を実現できます。
    Informatica MDM:
    業務に不可欠なマスターデータを信頼性の高い完全な単一ビューで表示できます。

このサービス・製品に関するお問い合わせ・資料請求カタログダウンロード

その他の情報

【事例】

下記お客様をはじめ、多くの国内企業にてご活用いただいております。
※[五十音順]