ここから本文

総合運用フィールドサービス

統合運用管制センター

お客様のICTシステムの安定稼働を24時間365日支援します。

企業におけるICTの役割が拡大し、その安定稼働がますます重要となる一方、システムの運用管理の負荷は増加しつづけ大きな負担となっています。MIND統合運用管制センターでは、専門エンジニアが24時間365日、国内・海外のお客様のICTシステムを監視・運用することでシステムの安定稼働を実現します。

サービス・製品イメージ

ビジネスへのメリット

  • システムの運用負担を
    軽減します。

    お客様に代わり24時間365日の体制にてシステム運用・監視を行います。早朝、深夜など時間帯に関わらず、MINDにて障害対応を実施することで、お客様運用要員のスリム化が図れるとともに、トラブル対応に時間を取られることなく、本来業務へ集中できるよう支援します。

  • 障害による
    ビジネスへの影響を
    最小限に留めます。

    25年を超えるシステム運用にて培った高度な監視運用システムと、標準化・効率化された運用管理プロセスを駆使して、万が一のトラブルでも障害発生から復旧までの時間を短縮し、お客様ビジネスへの影響を最小限に留めることが出来ます。

  • 障害発生を未然に抑止。
    適切な拡張計画を支援

    継続した監視と、過去の障害発生状況を分析することで障害発生を予兆し、お客様システムの安定稼働を支援します。また蓄積された監視データは、現状把握、将来のシステム拡張計画に役立てられます。

サービス・製品の特長

  • point01

    高品質な運用・監視サービス

    • 25年超の実績に基づく豊富な運用ノウハウ、及び専門エンジニアによる24時間365日の運用・監視サービス
    • MINDが提供しているサービスのみならず、お客様が構築した各システムの運用・監視を代行することも可能です。

  • point02

    堅牢なサービス体制

    • 統合運用管制センターは、セキュリティーを確保したMINDデータセンター内に設置
    • 入退室管理、カメラ監視など、セキュリティーレベルを強化
    • 電源・空調設備など、ファシリティーレベルを強化
    • 国内複数拠点による分散運用・監視の実施

  • point03

    サービス復旧対応の短縮化

    MINDの運用監視サービスは25年超の実績に基づき、お客様システムの速やかなサービス復旧を支援するために様々なツールを導入しています。

    • ネットワーク及びサーバー監視に関する体系の共通化
    • 監視アラームの自動障害切り分け
    • 計画作業やメンテナンスに伴うアラームの自動フィルタリング
    • 同一原因の複数アラームの集約化

  • point04

    お客様の一元窓口 ― サービスデスク

    • お客様お問い合わせや監視情報をサービスデスクで一元管理しておりますので、迅速な対応を実現します。
    • 英語のみならず、中国語に問合せ対応が可能です。

  • point05

    運用プロセス標準化による
    高品質なサービス提供

    ITILに準拠した運用プロセスで、運用業務を標準化・効率化
    〈イベント管理〉検知アラームの重要度、意味を判断し適切な対応実施
    〈構成管理〉顧客情報、運用情報を構成管理データーベース(CMDB)で一元管理
    〈インシデント管理〉障害、お問い合わせを一元管理

このサービス・製品に関するお問い合わせ・資料請求